Sketches of Spain Vol.4

スペイン・ポルトガル買い付け買い付け商品のお問い合わせをたくさん頂いておりますがアメリカと違って荷物が日本に届くまでかなり時間がかかります。買い付けの様子も少しアメリカとは違うので理由を説明がてら書きていきます。

スペイン・ポルトガル買い付けまずスペインにはアメリカと違って平屋のモーテルのような宿泊施設はほぼありません。しかもほとんどのホテルが一階にバルとレストランを併設している為、客室は二階以上になります。スリや盗難の多いスペインで買い付けた商品を車に置きっぱなし(アメリカでも無理ですが)には出来ないですし、何回も往復していちいち部屋まで運ぶのも難しいので買い付けた商品はそのままお店に置いていきます。パッキングが完了した時点で運送会社にピックアップして頂きますが現時点で運送会社のほうにはまだ何も届いてないようです。恐らくこのペースだと日本に荷物が届くのは再来週以降になりそうです。

スペイン・ポルトガル買い付けそもそもレンタルするのはコンパクトカーなのでそれほど荷物が載せれません。基本的にスペインはどんな街でも駐車スペースを見つけるのにかなり時間がかかります。当然ミニバンのように車体が大きくなればなるほどより困難になります。国全体が京都みたいな感じなので立体駐車場を造ったり、地下を掘ったり(掘るとすぐに遺跡や過去の建造物が出てくるので)出来ない為慢性的に駐車場不足のようです。ですので今回レンタルしたのはアメリカではまず選ばないトヨタのYARIS。YARISはヴィッツの欧州での名称です。ちなみにヨーロッパのレンタカーは事前に指定しない限り全てMT(マニュアル)車になります。ガソリンスタンドはアメリカと同じくセルフサービス、たまに店員さんが給油してくれる場合もありますが料金は同じです。

スペイン・ポルトガル買い付け平均的な客室。バケーションシーズンでしたが大都会以外は1泊朝食付きで40ユーロから50ユーロ(5000円~6500円)ぐらい、最近アメリカのモーテルは値上がりが激しいので割安に感じます。

スペイン・ポルトガル買い付け朝食は室料が安いところでこんな感じ。クロワッサンとコーヒーだけですがアメリカのモーテルのスカスカのドーナツと泥水のようなコーヒーとは雲泥の差です。。。

スペイン・ポルトガル買い付け少し良いホテルだとこんな感じでブッフェ形式のところが多いです。Vol.5に続く。。。

このブログ記事についての問い合わせる