U.S.Trip Day18&19

US Trip昨日は10時間近く運転して深夜近くにシカゴのモーテルに到着。まだ日程全ては終了していないのですがやはり最終の目的地に着くと安心します。移動中は途中でパンクしたらどうしようとか(荷物の重量が300キロ近くあるので車載のジャッキだと多分持ち上がらない)ちょっとご飯を食べている隙に荷物盗まれたらどうしようとか(実際に知り合いに何人かいます)ちょっと余計な事を考えてしまいますね。以前の記事で長距離の運転は条件付きで全く気にならないと書きましたがそれは「音楽」です。これがないと運転(というか多分僕の場合は人生そのもの)はかなり退屈できついものになると思います。CCRとかレッドゼッペリンとかローリング・ストーンズとかまあお決まりの70年代辺りのロックミュージックなんだけど、中学生の頃から30年近くずっとしつこくこの辺りの音楽を聴き続けています。自分でも呆れるぐらい(うちの奥さんは本当に呆れている)。いつも買い付けの時はiPodをカーステレオのピンジャックにつなげて聞いています。あとはFMラジオのクラシック・ロック専門チャンネルなんかを聞いたりこっちで適当に購入したCDなんかを聞いたり。音楽聞いてるとほんとに何時間でも運転できます。さすがに体力的にはきつくなることもありますが。大抵その時走行している地域なんかで聴く音楽違ってきます。ルイジアナとかアラバマあたりの南部だとやっぱりこの辺りはリトル・フィートとかオールマンとかだな〜とか、ニュージャージー辺だとやっぱりブルース・スプリングスティーンだな~とかそんな感じです。今回はこの辺りの曲(というかこの曲が入っているアルバム)をよく聞いていました。もちろんもっといっぱい聞いてますよ。逆にお気に入りでもなくて普段日本に居る時は全く聞かないのにずっと聞いていたのとかもあります。まあ要はこういうの聞きながらアメリカの田舎とかハイウェイとかを走ってこのブーツとかジーンズとかを買い付けてきてるんだな〜ぐらいに思って下さい。曲順に特に意味はありません。

Led Zeppelin / We’re Gonna Groove

Bob Bylan / Jokerman

Kathy Smith / What Nancy Knows

Neil Young / The Old Country Waltz

Ellen Mallwaine / Can’t Find My Way Home

Johnny Winter / Mean Town Blues

Nick Drake / Pink Moon

Bruce Springsteen / Born To Run

Simon and Garfunkel / America

このブログ記事についての問い合わせる